魚金のスタイルで飲食店経営を検討

鮮魚を使った料理を中心としている居酒屋として多くの人から支持を受けているのが魚金です。新鮮な魚を使った大衆居酒屋として比較的リーズナブルな価格になっているのが魅力として、各地で人気を集めています。メニューの特徴として定番の肉や野菜の料理や〆物を用意していることに加えて、ほぼ毎日入れ替わる鮮魚のメニューを用意しています。日付入りのメニューを渡して選んでもらうようになっているのが魚金のスタイルであり、その日の仕入れによって内容が変化するようになっているのです。生きの良い魚が見つかったから仕入れよう、安く買い叩けるものが見つかったから大量入荷しようといった形で仕入れからメニューを作り上げて提供するスタイルにすることで、いつも新鮮な魚料理をリーズナブルな価格で提供できるようになっています。

このような魚金のスタイルは飲食店経営をする上で重要な考え方を含んでいます。鮮魚を仕入れると問題になるのが日持ちであり、美味しい料理を提供しようと考えたら通常はその日のうちに使い切ってしまわなければなりません。その日の仕入れによってメニューを決めるスタイルにすることで、在庫を抱えなければならない状況を排除することができます。定番のメニューになってしまっていると、それを目当てにしてしまっているお客に対して今日は入荷がないとは言いにくいですが、毎日変わるスタイルにしてあれば問題がありません。その日の入荷に依存する形にしてあれば在庫切れになってしまったとしてもある程度は納得してもらえることから、最小限の入荷量にして余りをなくし、無駄なコストを発生させないようにして料理の価格を下げることもできています。

一方、定番のメニューの中にも魚料理が含まれています。魚金の場合にはほっけ焼きや鮭の竜田揚げなどが代表的なものですが、比較的保存性が高い干物や流通量の多い鮭、あるいは冷凍保存が可能な食材が選ばれているのが特徴です。このようなものを選んでおくことで在庫を確保しやすく、大量入荷をして価格を下げることも比較的容易になります。これによって利益を上げやすい形を整えて全体としてリーズナブルな価格での提供を可能にしているのです。このような工夫をすることによって、美味しさと安さを兼ね備えている飲食店を経営することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です