魚料理の種類とおつまみ向きのもの

魚料理は世界的にも様々なものが生み出されてきていてバリエーションが豊富です。最も典型的なのは焼き魚であり、魚を食材としているほとんどの国で昔から行われている食べ方の一つです。焼き方を一つ取っても様々なものがありますが、直火や鉄板だけでなくオーブンを使うものなど、火の入れ方によって味わいにも大きな違いが生まれます。日本では刺身や寿司のように生食の文化もありますが、これも立派な魚料理です。煮魚も日本の伝統料理の一つですが、それに類似したものとしてスープにしてしまうブイヤベースもあれば、石狩鍋のように鍋料理に使用するものもあります。このようにして食べる方法は美味しいのは確かですが、おつまみにするには気軽さに欠けてしまっていることは否めません。

おつまみ向きの魚料理として燻製が代表的なものです。保存性と味付けの強さがあるだけでなく、様々なお酒に合うものを作り出すことができます。最も知名度が高い魚の燻製としてスモークサーモンがありますが、これは鮭の燻製をスライスしたものです。レモンなどの酸味のあるものと合わせると白ワインのような甘めのお酒から、ウイスキーなどのアルコールが強めのお酒にもよく合います。燻製は必ずしも生の魚に対して行う必要はなく、魚の干物を燻製にすることも可能です。塩焼きをするのに比べて熟成の旨味が出るのが特徴であり、風味の強さがあるので赤ワインや焼酎、日本酒などともよく合い、ビールのおつまみにも適しています。燻製はそれだけで防腐性があることから長持ちするので、一度作ってしまえば毎日の晩酌のお供にすることもできる点で便利です。同様に長持ちして味付けも濃いという点から優れているのが酢漬けであり、強い酸味を利かせたり、塩味を濃い目にしたりすると様々な種類のお酒の味を引き立たせてくれます。

このような保存性の良いおつまみはまとめて作りやすいので多めに魚を手に入れて作っておくことが可能です。魚の卸なら通販でまとめて手に入れてしまうのが効率的であり、必要な枚数だけまとめて購入して燻製や漬物にしてしまうのが賢いと言えます。魚料理で晩酌を楽しめるようにしたいというときにも、居酒屋経営をしていて毎日お客に出せるおつまみを一品や二品程度は増やしたいというときにも適している調達の仕方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です