魚へんの付く漢字いくつ知っていますか

●マグロは酒の肴にぴったり!
マグロを表す漢字は、魚へんに「有」を付けて「鮪」と書きます。この漢字の意味を知っている人は、案外少ないのではないでしょうか。つくりの「有」には、大きく囲い込むという意味があります。つまり、「鮪」はマグロが回遊魚であることから当てられた漢字なのです。
さて、そのマグロを使った料理はビールやワインなどにもよく合い、酒の肴としても人気があります。そのまま刺身にしても美味しいですが、たまにはちょっと凝ったレシピを作ってみましょう。
誰でも簡単に作れるのが、マグロの中落ちの中華風和え物。これは、マグロの中落ち肉にすりおろしたニンニクやゴマとゴマ油を和えるだけのメニュー。あとは醤油とみりんで味を調えれば出来上がりです。
また、揚げ物がOKな方であれば、和風の竜田揚げにしても美味しいでしょう。

●ソテーやフリットに便利な白身魚タラ
タラは、冬に多く獲れる魚であることから魚へんに「雪」を付けて「鱈」と書きます。元々は日本で作られた漢字なのですが、今では中国でも使われている字です。
あっさりとした味わいの鱈は、少し濃いめの味付けでソテーやフリットにすると良いでしょう。
カレー粉と片栗粉をまぶして、塩コショウで味付けをしながら軽くソテーすると、ワインや洋酒にも合う簡単洋風おつまみが出来上がります。また、バターやオリーブオイルで軽く炒めてから、鱈丼にしても美味しいです。
タラは比較的安く手に入り、調理メニューも様々にできるので、ぜひ毎日の料理やおつまみに活用したい魚の一つです。
美味しい魚を卸してもらうなら、こちらの食らぶ市場を活用してみましょう。新鮮な魚介類をインターネットで注文することができ、自宅まで届けてもらえるのでとても便利です。

●新鮮なサケを使って簡単押し寿司
サケの漢字は、魚へんに「圭」を付けた「鮭」で、「圭」には形が良いという意味があります。鮭は海で育った後川に上って産卵をする魚で、北海道や東北地方などでよく漁獲されます。
サケも活用方法の多い魚ですが、酒の肴として押し寿司にしてみるのはいかがでしょうか。
作り方はとても簡単。薄切りにしたサケに、塩をまぶしてしばらく置いておいた後に、酢飯の上に乗せて型に入れるだけ。後は上から板などで軽く押し付けて、形を整えれば出来上がりです。
間に大葉をはさんだり、アボガドやマヨネーズなどを使って洋風にしてみても美味でしょう。
ソテーやホイル蒸しなど、和風でも洋風でも美味しい便利な魚サケ。毎日の調理にぜひ活用したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です