魚アレルギーへの対処法

小麦や卵にアレルギーがあるように魚を食べることでも人はアレルギー反応を起すことがあります。原因となる魚はサケやマグロやアジなど家庭のテーブルに上るような魚が多いです。主な症状としてはじんましんや顔が赤くなったり、目が赤くなったりします。そのほかにも目蓋が腫れたり、アナフィラキシーを起したりします。またアトピーの人の場合、アトピーの湿疹が悪化する場合があります。何故こうなるかというと魚の筋肉にあるタンパク質のパルブアルブミンが引き起こしています。このパルブアルブミンは多くの種類に含まれているタンパク質です。同じく含まれているコラーゲンも原因となるケースがあります。こうした多くの種類に共通した要素があるため、症状が出てしまいがちです。

アレルギーであるかどうかを判断するには問診が大切です。なのでまず食べた種類と食べた後どんな症状が出たかを事細かに記録しておく必要性があります。この際記録しておくのは食べた後、じんましんや顔が赤くなったりなど症状が出るかどうかです。検査の方法は血液検査で行います。今のところ検査可能な種類はアジやイワシやカレイなどの7種類です。皮膚検査もあり、これは新鮮な素材を用意して行う場合があります。具体的な検査方法としては魚に刺した針を刺すブリッツ検査や成分を皮の中に注射する場合があります。症状が出たら陽性と判断されますが皮膚検査は実は注意が必要なものです。何故ならアナフィラキシーを引き起こすことがあるからです。また検査の結果、患者の勘違いであることがあります。

治療方法としてはもっとも有効的なのは口に含まないことです。この際、食べて良い種類と食べてはいけない種類を把握すること重要です。ただ複数の種類によってアレルギーが引き起こされることがあり、その魚の種類を見分けることは中々難しいのが現状です。なのでそもそも全ての種類を摂取しないようにするのが1番ベストな方法です。また近年では加工食品の中に魚が原材料として含まれることがあります。そういった場合は商品に原材料が明記されることが多くなっているので、加工商品を購入する場合は魚が原材料に含まれていないかを確認してから購入するようにしましょう。ただしいくら対策をしようが思わぬ事態でアレルギー反応が出てしまうこともあります。なので万が一に備えてアレイルー対策の薬の事前に医者から処方してもらっておくと、万が一のとき安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です