おつまみも締めにも役立つ魚のあんかけ

お酒のおつまみに役立つ魚料理としてあんかけを利用してみましょう。簡単でバリエーションを付けやすいのが特徴であり、簡単に食べたいときに食べられるように作っておく方法もあります。基本は白身魚を使って簡単な調理をしたものに、少し濃いめの味付けをしたあんと野菜を組み合わせて作るというものです。使う白身魚の種類、その調理方法、あんの味付け、野菜の種類によって無限の可能性があるのがあんかけであり、お気に入りのものをいくつか作っておくと良いでしょう。冷蔵庫で一週間程度保存できるので週に一回作って晩酌に使うというのも良い方法です。

調理方法として一般的なのが竜田揚げと蒸し焼きです。衣をつけて揚げてあることによってあんが絡みやすくなり、下味がしっかりとついていなくてもあんの味を楽しめると共に魚の風味も残すことができるのが特徴です。それに対して蒸し焼きにした場合にはあんとよく馴染むようになるため、あんと一体化した形で楽しむことができます。どちらを選んでもおつまみには適しているでしょう。あんとして典型的なのは甘酢あんであり、酢と醤油、みりんを基本としてケチャップなどを混ぜてバランスを整えて作ります。水溶きをした片栗粉を入れてとろみを出したら完成です。このときに野菜を調味料で炒めて最後に水溶き片栗粉でとろみを付けるという流れにすると野菜にも味がしっかりとついておつまみとして最適になります。このあんを調理しておいた魚にかけるだけでできあがりなので簡単で高級感のあるものができるのが魅力です。あんは自由に作れるので酢を使わずに出汁を利かせて和風あんかけにしたり、塩をベースにして塩あんかけにしたりする自由があります。

より簡単に作りたいと考えたら、魚は竜田揚げにしてしまって冷凍しておくのが良い方法です。あんも作ってしまったのを小分けにして冷凍しておくと、食べたいときに両方を取り出してさらに入れ、レンジで温めるだけですぐに食べられます。このような形でストックすることを考えると、業務用食材の調達をすると経済的だと考えられるでしょう。竜田揚げの状態で売られている魚を調達すると自分で揚げる必要もなくなります。あんについても混ぜ調味料として売っているものを使えば野菜と水溶き片栗粉と合わせるだけで簡単に作ることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です