魚の脂はどうして健康に良いのか

 普段我々が食べている肉と魚。どちらも貴重な食材でありますが、そのうち魚の方が健康に良いということを普段何となく耳にする方も多いでしょう。では具体的にどういった点で健康に良いのでしょうか。その答えは脂にあります。これは大きく分けて2種類あります。飽和脂肪酸(以下前者)と不飽和脂肪酸(以下後者)です。肉に多く含まれているのが前者であり、常温で固まってしまうのが特徴です。魚、特にサンマ・サバ・イワシなどに多く含まれているのが後者です。こちらは常温でも固まりにくいのが特徴。その他にも、オリーブ油・胡麻油・シソ油・グレープシードオイルにも含まれています。DHAやEPA等は後者の代表例です。
 この固まりにくさが健康に良いことと関わっています。前者の場合、あまり摂りすぎると固まりやすい性質を持っているために血液中にたまりやすくなります。それによってやがて中性脂肪が増加し、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減少させてしまいます。結果として、血液環境が悪化、最悪の場合、動脈硬化などを招く恐れもあります。一方固まりにくい性質を持った後者は体内に吸収されても固まりにくく、コレステロール値を下げ、中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれます。血液の環境を整える以外にも、リウマチや腸炎を予防したり、免疫を調整する等の効能があります。最近では、脳の機能を正常にする働きもあることから、認知症予防にも効果があることが明らかになってきています。
 ですので、魚を食べることは我々の健康にとってプラスとなりますので、食生活の中に積極的にとり入れると良いでしょう。ただし、ただ食べさえすればよいということではありません。魚の脂には酸化しやすいという欠点があります。せっかく食べたのに、これでは意味がありません。ですから酸化を防ぐために、ビタミンCも一緒に摂取することをおすすめします。ビタミンCには強い抗酸化作用がありますから、酸化する心配もありません。なお、ここまで魚を食べることが肉よりも健康に良いことを述べてきましたが、当然食べすぎは良くありません。魚も肉と同様、高カロリーを含んだ食材ですから、過剰摂取は体内で代謝が正常に行われなくなってしまいます。つまるところ、どういう食材であってもバランス良く食べ、バランス良く栄養を摂ることが大切です。魚の場合、最低でも1日に1食はとり入れれば良い方でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です